教員採用試験の志望動機とは

少子高齢化によって、人材が不足しています。教員も不足しており、新しく教員になる方は、歓迎されやすい時代ではありますが、しかし、そうは言っても、教員採用試験に合格しなければいけません。では、どのような志望動機が求められるのでしょうか。
志望動機において必要なことは、まず、自分が教員になりたいきっかけを入れることです。なぜ教員になりたいのか、その思いが強ければ強いほど、モチベーションが高いと思われやすいため、きっかけは強いものが良いでしょう。
また、以前に教えたことがある、という経験があれば、そのエピソードも入れると良いです。教えたことがあり、さらにその際に、教員として高い評価を得た、という経験があるならば、より人材として評価されやすく、合格する確率が上がります。
ぜひ、今までの人生を振り返り、自分が教員に向いていると思えるような出来事を、書き出してみましょう。